神話のふるさと飯南町

神話のふるさと飯南町

琴弾山(ことびきざん)

 琴引山には、出雲大神(いずものおおかみ)であった大国主命(おおくにぬしのみこと)の国造りの構想が練られたという神話が残り、ロマンあふれる霊峰です。
また『琴引山が全国の神を迎え入れる最初の地である』と地元伝承され旧暦10月になると全国の神様が、まず琴引山の頂上におりたち、そこから山を下り神戸川を通って海へ出て、稲佐浜へ辿り着くといわれています。
右写真:琴弾山神社

琴弾山琴弾山 標高1,014m





大万木山(おおよろぎさん)

 

 島根県飯石郡飯南町と広島県庄原市との境にある標高1,218mの山で、出雲國風土記には、斐伊川の支流三刀屋川の源流「多加山」と記されています。多くの動植物の生命が営まれていると言われ、春夏秋冬それぞれに素晴らしい景色を楽しむことができます。
 頂上付近には島根県内でも有数のブナ原生林(樹齢100年生以上)や、サンカヨウ自生地が広がっており、春夏秋冬それぞれに素晴らしい景色を楽しむことができます。
大万木山 標高1,218m





自然豊かな飯南町

 飯南町には珍しい動植物が息づき、四季折々の様相を観察することができます。都会では味わうことのできない魅力が満載です。







各種リンク